製造業者、型番によって品質に差があるのはなぜですか?

リサイクルトナーは使用済カートリッジを再利用し劣化した部品を交換、トナーを重填して商品となります。部品再利用頻度、交換部材やトナーの種類や組み合わせによって品質に差が生じます。
構造はトナーボックス、感光体ドラム、廃トナーボックスと大きく3つに分かれます。すべてが一体になったトナーカートリッジは不具合が発生する頻度が高く、トナーボックスのみのカートリッジは低い傾向にあります。                                                                                       エム・デー・エスではE&Qマークを取得しております、E&Qマークの品質管理基準が徹底されておりますので、粗悪品との差別化ができております。

This entry was posted in . Bookmark the permalink.