雇用保険料率は前年H30年度と同じ

健康保険料率は前年度と今年度で変更になった都道府県もありましたが、雇用保険料率は前年度と同じだそうです。

雇用保険料は何に使われているかというと、一般的に言われている失業手当(失業等給付)、育児休業や介護休業、教育訓練給付等々。。。
雇用に関して色々な給付が行われています。

雇用保険料率も収支で料率が変わると言われているので、全国の失業者が減り、雇用保険料を納める人がたくさんいると料率が下がるかもしれないですね。
育休や介休や教育訓練等、前向きなことに利用されるほうがみんなハッピーになると思います。

そんなことを思いながら、私もがんばっていきたいと思います。