安全衛生活動

近年、工場での働き方の改善や労働安全に関する機運が高まり、各企業でも安全に対する様々な取り組みが行われています。松阪工場においてもこれから安全衛生・防災活動のさらなる強化を図っていきます。

生産活動が忙しくなると、不安全な状態をつくり不安全な行動をとりがちになりそこから重大な事故につながりかねません。まずはそういった状況を無くしていくことが大事ですが、一人一人の安全に対する意識を高めることもまた必要になります。そこで今年度からは、月に一度安全衛生MTGを行い身の回りの様々な危険についてディスカッションし現場の不安全な状態や行動の改善を行っていきます。また、9月には消防署の職員さんの指導のもと防災訓練を行うなど、活動を展開していく予定です。

工場ではいまだ課題も多く難しい問題も出てくるかもしれませんが個人的に一日のなかで一番大事なことは家を出たときと同じ姿で無事に家に帰るということだと思っていますので自分の安全、周りの人の安全を守るためにも今後も頑張って活動を続けていこうと思います。