品質 外観検査のレベル合わせについて

電設に検査員として新しい人が入って1か月。

顕微鏡での検査は良品と不良だけでなくグレーゾーンの見極めが大切です。

しかし外観検査のレベルを合わせるのは人の目なので大変ではあり

そこをいかに同じレベルで見れるようになるかが大切になります。

とはいえ外観検査の前に前工程(巻線)で不良を作らないことが必要であり         重要な部分です。

1人1人のレベルを同じにするためにコミニュケーションを取りながら              教えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です